見出し画像

資産運用・投資をこれから始める方にオススメ「手軽に使えるデジタルツール」や「最新テクノロジー」をご紹介

Fintech(フィンテック)という言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語で、金融サービスと情報技術を結びつけたさまざまな革新的な動きを指します。

 

「送金・決済」「融資・ローン」「会計・財務」「家計管理(PFM: Personal Financial Management)」「資産運用」「仮想通貨・NFT」など、非常に幅広い分野で、主にスマホアプリによるFintechサービスが展開されています。

今回は、資産運用・投資をこれから始めようと考えている方、初心者の方に便利なFintech関連アプリをご紹介します。

 

PFM、家計簿アプリ

生活費の管理は銀行口座で、資産運用は証券会社口座で、保険は保険会社で管理して、という方は多いのではないでしょうか。管理する金融機関の数が増えれば増えるほど、自分の資産がどれだけあるのか、資産運用にどれだけ回しているのか、把握するのが難しくなってきます。そんなお悩みを解消してくれるのが「PFM・家計簿アプリ」です。

MoneyForward(マネーフォワード)ME、Moneytree、Zaimなど、多くのスマホアプリが提供されており、CM等で目にされた方も多いと思います。複数の金融機関の情報を集約(アカウントアグリケーション)することで、残高を一元管理でき、自分の金融資産全体を把握するのにとても便利です。

いざ資産運用・投資を始めたものの「運用にお金を回しすぎてしまう」「当面使う予定のないお金がほったらかしになっていた」ということがないように、自分の金融資産全体に占める資産運用の割合を定期的にチェックする際に活用したいアプリです。

また、レシートの読み取り機能や、夫婦で残高情報を共有できる機能のあるアプリも登場しており、活用方法は更に広がりそうです。

多くのアプリでは無料で利用開始できるのもうれしいポイントですね。

 

ロボアド、おまかせ運用

ロボアドバイザー、通称「ロボアド」はその名の通り、資産運用の戦略を一緒に考えてくれるアドバイザーロボットです。一部では「おまかせ運用」と呼ばれたりもします。スマホアプリ上の「アドバイザー」が資産運用に関するいくつかの質問をユーザーに提示し、それに回答することで、ユーザーにあったおすすめの運用戦略や運用期間等を提示してくれます。

対面とは違い、ユーザーの質問に対するきめ細かなアドバイスは難しいものの、24時間365日、いつでも気軽に利用できる点は、忙しい社会人にとってはうれしいポイントですね。

また、運用に関するアドバイスだけなら無料で利用できるサービスも多いので、まずはお試しで利用してみるのも良いかもしれません。

※ニッセイアセットのGoalNaviでも無料で運用診断ができます。

ゴールナビへのリンク画像
ニッセイアセットのGoalNaviでも無料で運用診断ができます。

AIによる株価・為替レート予測

ChatGPTを始めとした生成AIが話題です。資産運用の世界では、株価や為替レートの将来予測におけるAI活用が5年以上前から本格的にサービス展開されています。また、為替レートのAIによる将来予測を元に、最適な通貨の組み合わせや配分比率を提示してくれるサービスなども登場しており、今後、資産運用におけるAIの活用は、より進んでいくのではないでしょうか。


他にも様々なスマホアプリ、サービスが展開されています。TwitterなどのSNSで「資産運用 便利アプリ」などのキーワードで検索するとたくさんヒットしますので、気になるものがあれば、ぜひご自身でもチェックしてみてください。



この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

資産運用は もっと手間なく、 もっと効率的に